嫁は思う。夫よ、義母に甘えてこい!!

帰省する?うん、ひとりで帰っていいよ~!!

 

お正月以外の帰省は、夫ひとりで帰ってもらってます。
なぜかというと、面倒くさいから。

ちーがーうーだーろーww

ま、そういう気持ちも1mmくらいはある。( ̄ー ̄)ニヤリ
ひとりで帰ってもらう理由はね。
私がいるより、2人の方が(義父は、既に他界。夫はひとり息子)
義母も気兼ねなく、いろいろ話せるだろうし
お世話も焼きたいだろうし、何よりも

息子独占は嬉しいと思うから。

なので、このお盆も、母子水入らず♪

 

親子は、いくつになっても、親子

 

これ、当たり前のことだけど、なぜか、結婚したとたん、
義両親、特に義母と上手くいかない奥さんって多い気がする。
ま、諸事情あると思うので、それはそれでいいんですけど。

わたし、10代の時に、祖母と継母の壮絶な嫁姑戦争みてるので
ご縁のできた義母とは、気持ちよくお付合いしたいと、
昔から思ってました。
それが、結局、自分の、夫のしあわせに繋がると思ってて。

 

私ね、義母のこと好き出し、尊敬してます。
(途中、めちゃくちゃ反発した過去もあるけどね。)
ただ、好きだからと言って、娘にはなれないし、
何年たとうが、他人には変わりない。(←これは相方にも話してる。)

でも、夫は子供です、義母の。
大事に思って当たり前だし、いくつになろうが可愛いひとり息子。
そして…義母の中の夫は、フォーエバー18才♡

だから、実家を出た18才の時から、義母の心の深いところで時間が止まってる。
(と思う)
頭では、息子は大人とわかってるけど、感情は違うのかなって思う。

未だに、帰省すると、85才の義母は、57歳の息子の0才~小学校低学年の頃の話を
まるで、昨日のことの様に楽しそうに話します。(何度も聞いていて、続きを私が話せるくらい)
義母にとって、宝物のように、とても大事で大切で特別な時間なんだよね。
だから、記憶が、いつまで経っても色あせない。

その気持ちは、尊重したいって(これでも)思う。
と言いつつ、話が始まると全て聞き流し、TV見てる嫁です。w

いい嫁しなくていい。わかりあえなくていい。

 

これ、嫁を始めて5年目くらいからの私のポリシーです。
でも、その上で、義両親を尊重したいとは思ってて。

 

新婚当時はね。。
「もう、結婚したんだから、私がいるんだから。
(夫を)子供扱いして世話焼かないでよ!むかつく~!!」と思って怒ってた。
帰省する度に、あれこれ世話を焼く義母に「ふざけんなー!」と思ってた。

ぶっちゃけいってしまうと、競い合ってた感覚。
「私を差し置いて、何?早く子離れしなさい!!」…みたいな。(^^;)

結婚すると初めて夫が伝えた時、大反対された恨みも、どこかにあって。
だって、反対の理由がね。

「関門海峡は超えても、大阪まで!」でしたから。
( ↑ いとこのお嫁さんが大阪だったから大阪まではOK)
今となっては、笑い話です。w

 

夫婦、親子。思いはそれぞれだけど、相手を大事に思う気持ちは同じ。
ただ、世界観というか、想いの種類が違うんだと思う。

夫婦でも分かり合うって大変じゃないですか。
ましてや、義両親と嫁。
最初から、一緒に暮らしてるなら、また少し違うかもだけど
1年に1回、数日、お客さんとして暮らすだけでわかり合うって難しい。

私、結婚5年目くらいから、お客様でいいやって思い直したんですよね。
義両親より、相方よりあと(最後)に起きて、
お風呂入り、と言われると「いちばん風呂」に遠慮なく入る。気にしない。
出来ないことは出来ないという。良く思われなくてもいい。

せっかく帰るなら、思いっきり楽しむ。
帰る時、心から「また、来ます。」と言える過ごし方をする。

最終的には、みんなをHAPPYにしたいから
無理はしない。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

なんか、まとまりつかなくなってきた。。
とにもかくにも、帰省中のお嫁様逹。
無理せず、楽しく過ごせますように♪

帰省中の私のイメージ画像w
⇓ ⇓ ⇓