ボランティアは、楽しくなければ続かない!?

イチからゼロに

 

先週10月4日(木)、Cristalラジオのチャリティフェス
未来へつなぐハートバトンリレー が開催されました。

 

私は、撮影スタッフのボランティアで応援。
FBでは、告知も何度かしてたのに
うっかり自分のブログに書くの忘れてたという…。(-_-;)
というコトで、今更ながらのレポです。

このチャリティフェス、6部構成になってまして
その中で、やっぱり印象に残ったのが保護犬を題材にした
15分のショートムービー。

 

保護犬・保護猫という言葉そのものいなくなる日本になって欲しいと
切におもっているけど、なかなかすぐに叶うわけではないことも事実。

 

だから、現状をきちんを理解して
「じゃあ、どうしたらいい?」『私に何が出来る?』と考える。

 

そんなきっかけになる短編映画だなって感じました。
このショートムービー、多分近々YouTubeでみられるようになるのかな?
その時は、このブログでもお知らせしますね♪

 

こちらが、監督のイケメン本木錬史さん。

 

「保護犬という言葉が遠い世界だった」という彼の目線は、
とてもフェアでクールで。
だからこそ、いい悪いに偏りがちなわんにゃんの保護問題を
真っ直ぐな目線で捉えられるんだね。

 

楽しく愉快にボランティア♡

 

主宰されたCrystalラジオの
「みんなで一緒に楽死んでチャリティ」のスピリッツが大大大好き♡

 

今回の構成を見ても、その想いはしっかり伝わってきました。
なんせ、エンターテイメント集団なので
トークライブもバンドライブも、すっごく、すっごく楽しかった~(^^)/

真面目に正論を振りかざしても、「そうだよね~」で終わりがち。
どうせなら、楽しく巻き込んで、一緒に「イェ~イ」って盛上って
それがチャリティやボランティアに繋がればいいと思う。

 

あと、私、ボランティアで大事だと思っているのは
「自分のためにやる」「楽しいからやる」なんです。

 

なぜか?というと、人って眦(まなじり)上げて必死にやることって
長続きしないこと、知ってるから。

 

特に、当事者じゃない、赤の他人なら尚更。
最初はいいかもしてないけど、長い目で見た時、続かない。

 

3.11の時、実家が岩手県の盛岡ってこともあって、NYから単身でマッサージボランティアで
宮古にも行ったし、帰国後には陸前高田にも行ったけど、これが苦い経験なんですよね…。
必死過ぎると、疲弊します。続きません。身も持っての経験です。

 

いずれにしても、Crystal さんは長い目でこの活動を継続していくようなので
私も、微力ながら、楽しみながら応援していこうと思ってます♪

 

こちらは、わんこの歌を熱唱中 ⇓ のトラさん。
歌唱力は、もう抜群のエンターテイナー🌟
すっかりFANになりました♡ うん。スキ!!