あなたの愛犬愛猫との2018年はどんな1年でしたか?

あなたのしあわせはどんな形をしていますか?

 

人によって、しあわせの形は様々。でも、どんな幸せも健康が土台なことは間違いないです。考えてみてください。

 

お金があっても、才能があっても、友人が多くても、夢があっても、健康でなければ、何も生かせないし、出来ないことが多くなる。
これ、人もわんにゃんも同じだと思いませんか?

 

私は、飼い主さんも愛犬愛猫も元気で健康に、当り前の日常を暮らせることが何よりのしあわせの形だと実感しています。

『当り前のしあわせの大切さ』を実感した2018年

 

私の2018年は、わんにゃんフォトのテーマ「普通に過ごす毎日こそ幸せ」を痛感した1年でした。
というのも…

 

GWの5月4日に愛猫ソラに突然のふらつき、歩行困難な症状を発症。
抗炎症剤とステロイドの服用で2か月かかって、なんとか元の状態まで回復しましたが…。

食欲もなくなり、ぐったりしている様子を見ることが、本当につらかったです。
真っ直ぐ歩けず、ふらついてバタンと倒れる。当然、段差の上り下りも出来ません。
具合が悪いのと、脳に障害が起きているせいか? 甘えん坊の性格がなりを潜め
このまま、状態が悪ければ虹の橋に行ってしまうかもしれない…と心配で眠れない日が続きました。

幸いなことに、薬が効いて約2か月で元に戻ったけど
陽だまりでゴロゴロしてる姿、ご飯をねだってギャン泣きするかと思えば、キライなフードだと見向きもしない態度等々
いつも当り前に目にする毎日がどれほど幸せかを痛感する出来事に。

そして、11月末に私が右足首を剥離骨折。ギブスと松葉杖の生活で、今もまだ自宅療養中です。
(ギブスは、クリスマスに外れましたよ♪)
2足歩行の人間が歩けなくなると、日常生活そのものが成り立たない…と、これまた痛感。

うち、3階建てなので上り下りが大変で💦
ギブス外れるまでは、座った状態でお尻降りしてたんですw
ゴミ出しも出来ない、買い物も行けない、家の中なのに、普通に動けない。
健康って、体に不自由がなって、どんだけしあわせなんやろう・・・としみじみ。

 

そんな中で、もう1匹のメイがソラと同じ症状になりまして。
運悪く、相方が不在で松葉杖で、リュック形式のキャリーでメイを連れて通院。
自分がこんな状態で、もし災害が起きたら、2匹連れて逃げられないと実感。
幸いソラの時ほど酷くはなかったので、服薬治療1週間でなんとか回復♡
でも…ホントに、ふらつく姿を目にした瞬間、目の前が真っ暗になりました。

メイは食いしん坊なので、私がキッチンにいると、ずっと横でごはんの督促が入ります。
いつもは、「もうだめ!」って怒ってる。そんな日常が、愛しくてたまらなかった。。

ふつうに元気で暮らせるって奇跡かもしれない

 

だからこそ、そんな日常を残してほしくてスタートしたわんにゃんフォト。

毎日は永遠じゃないから。いつか、終わる日が来るから。
過去を懐かしむのではなく、未来に向かうためのエネルギーになる「日常」を残すことの大切さを
2019年も、写真を通じて伝えていきます。

 

2018年も、残すところあと1日と40分。
新しい1年も、わんにゃんフォトをどうぞよろしくお願いします♡