ねこ好きの私が「犬好きの飼い主さん」に感じた疑問

 

1月になったと思ったら…もう、明日で1週間。
1年が短く感じるのは「ワクワクが少ないから」とチコちゃんが言ってたなぁ。

 

ま、そんなお年頃です (^^;
2019年も、わんにゃんフォトをよろしくお願いします♡

 

さて、去年1年のわんにゃんフォトについて、ひとり反省会を年末年始はしておりました。w
そんな中で、猫としか暮らしたことのない私。
初めての犬の世界に触れ、疑問と気づきがありました。先ずは疑問から。

 

同じ犬種(or 同じ大きさ)のワン友で集まるのはなぜ?

 

例えば愛犬のオフ会うイベントをネットで見ると、同じ犬種か、もしくは似た大きさがほとんど。猫の場合、猫種というより「猫なら、関係なく好き♡」な人が多いから (→私比)
犬が好き~!と言いながら、犬をグループ分けするのが、実はすごく不思議。

 

でも、実際に、おつきあいしてみて…わかったこと。

 

犬種やサイズが同じだと、当然、体格差もないから、遊んでいても安心。
性質的にも似てるなら、犬種ごとに集まる方が、安心なんですね。

 

あと、お洋服を着せたり、バギーに乗せることへの不思議も解決。

自然の毛皮をまとってる、4本足で歩く犬に洋服を着せる。バギーに乗せる。
なんで?と思ってました。でもね。

 

犬といっても、犬種によって寒がりだったり、体調的な問題があったり、
雨で毛が濡れると乾燥させるのが大変だったり。洋服を着せる理由が、ちゃんとありました。

 

この写真のエディちゃん、皮膚疾患があって、つい掻いちゃう。その予防のためのTシャツ♡

バギーにしても、いろんな理由で地面を歩くのが苦手だったり、
人混みが苦手だったり、
足腰が弱って歩行困難になったり。でも、外には行きたい。
そんな犬逹にバギーは必需品。

 

暮らしたことがないから、知らないからこそ、知りえた事実。
わかって良かったです。

そして、私みたいに犬と暮らした経験がないからこそ「知らないこと」も多い。
例えば、わんこがキュンキュン鳴く理由。

寂しいのかな、甘えてるのかなって思ってたから、
つい「どうしたの?」って声をかけたり、撫でたりしてました。

鳴く理由はケースバイケースだけど、そのケースバイケースの中に「犬の策略」もあって
そういう時は、無視OKだって、躾のプロから教わって「へぇ~」と思ったり。

写真には関係ない事だけど、私と同じように知識のない人も
知る事で、何かの役に立つんじゃないかなって思ってる。

犬も猫も、生き物です。お金もかかるし、病気にもなる。1匹1匹性格も違う。
何も知らずに、思いつきや可愛いから、寂しいから、という理由で
「犬が欲しい、猫が欲しい」と飼い始める人を減らしたいと思ってます。
・・・こういう動機でペットを飼い始めると不幸な動物が増える確率が上がるんだよね・・・

例え、動物と暮らすことに興味がないとしても、知るコトで
飼主さん&犬や猫を理解するきっかけになるかもしれないから。

 

人も動物も、お互いの違いを知った上で、幸せに共存していけたら幸せだなって思う。

 

ということで、次は気づきについて。
少し、辛らつなこと書くかもですが…明日に続きます。(^^)