【愛猫の股関節脱臼記 #3】肉球が紫色になってる!!

愛猫ソラの股関節脱臼の記録で、備忘録です。
&不幸にも、股関節脱臼してしまったにゃんこと飼い主様の参考になれたらと思います。

【1】原因は病院の採血
【2】え!?股関節のこていしないんの!?

肉球が紫色になってる!!!

 

昨日の夕方、ソラを迎えに行った時。自宅で気をつけるように言われたことのひとつが
「バンテージを巻いた足先が腫れてこないかどうか注意する」でした。

 

朝は、普通にご飯も食べて、おしっこもうんちも出来ました。
良かったぁ…と安心したその日の午後、足チェックすると…

「え?ウソでしょ。。」 肉球が紫色💦

前足の肉球は、きれいなピンク色

 

何度も他の足と見比べるけど…やっぱり、うっ血してる。
慌てて病院に電話して、連れて行きました。

 

このくらいなら許容範囲です

 

先に巻きなおしてからの、説明を受ける時の先生のひと言が
これでした。

全然、悪気はなく言われて、余計にモヤモヤモヤモヤ 😡

 

多少のうっ血よりも脱臼した股関節の固定が大事ということは
もちろん、わからなくはない。

でも、傷ついてる軟組織の修復に血流の良し悪しも重要なはず。
(私の骨折の時。ギブスの足がうっ血したり腫れたら、血流が悪くなって良くないから
直ぐにギブス外してと言われたしなぁ)

 

それよりなにより、どの状態が許容範囲か、私には判断出来ない。
その事を伝えると、

目安は「包帯を押し上げるくらい腫れてきた状態」
「心配なら、預かります。」と言われ、またモヤモヤ。

 

いやいや、この状態で更にストレスかけたらあかんでしょ。
免疫落ちて、回復力も下がるやん。
・・ということを、やんわり伝えて、入院はもちろんお断り。

 

このバンテージのまき直しで
翌日には紫色からちょっと色の悪いピンクに戻ってひと安心したのでした。

ゆるくした分、外側のバンテージは、予想通りずれてきたけど、
私が人用の伸縮性包帯でずれてる箇所をカバーして、なんとかキープ中。

 

ソラ、最初の数日より元気になって来てます。
明日のレントゲン、問題ありませんように。