【愛猫の股関節脱臼記 #5】入院、そして退院とその後

*********************************************************************************
愛猫ソラの股関節脱臼~手術、その後の経過についての備忘録です。

【1】原因は病院の採血
【2】え!?股関節のこていしないんの!?
【3】肉球が紫色になってる!!
【4】再脱臼そして手術
*********************************************************************************

 

 

2月3日(日)に退院してきた翌日のソラです。
股関節の嵌っていた部分を切除してるので、骨盤と右脚は繋がってなくて
筋肉だけで支えて動かしてる状態。なのに‥・。すごい。こんなに歩けるって予想以上!!

 

動物の回復力に、ただただ驚きました。

 

心配しすぎて、心が千々に乱れちゃったけど。
もっと、ソラ(もメイも)が元々持っている回復力を信じるべきだなって
改めて感じています。

 

人の骨折と同じで、犬や猫の筋肉も、例えば1か月動かさないと40%Down。
だから、筋トレのリハビリが猫も必要です。でも、犬と違って、言うことなんて聞いてくれません。
なので、どんどん歩かせないといけないわけです。

 

このリハビリがネックだなぁ、と思っていたけど、この1週間予想以上に歩いてます。
もちろん、まだ術後間もないので、無理はさせられませんが。

でも、そんなことはソラはお構いなしで、いつも通りにジャンプしようと身構えます。
だから、ケージアウトの間は、ずっと監視。寝てても監視。(気づくと、動いてる💦)
食事も、カラーのせいで上手く食べられないので、付きっきり。

 

これから回復しても、ジャンプで再脱臼や反対側の股関節脱臼の確立は確実に上がるので
うちの中の見直しも必須条件。正直、頭が痛いです。

 

でも、元気に暮らしていく事が最優先事項ですね。

 

先ずは順調な回復に、ただただ感謝です。
それにしても…私の超絶心配性、なおさないとなぁ、と痛感。
これ、彼らの生命力を信じていないという事。心配は心配しか呼び込まないからね。
何よりも鍛えるべきは、飼い主力かなぁ。