これ記録写真?それとも記憶写真?

お立ち台の上で「ちょっとよそ行きの顔」になるワンコ達

 

4月13日(土)~21日(日)まで開催された横浜ドッグウィーク。
臨港パークでも、週末の20&21とたくさんのワンコ関連ブースが出展されました。

私は、横浜関内の&PETさんで、
ワンちゃん撮影を担当。3時間で38組撮影しました。(写真はその一部)

 

こうやって、ブログにあげてみて改めて感じたこと。

「いつも」じゃない場所だけど、大好きな飼い主さん

「はい、こっちみて!」
「笑って💕」
『〇〇ちゃーん!!」

いろんな声がかかって、頑張るワン達。飼い主様は、とっても楽しそう。

 

ただ、わん達は、いつもと少し違う、よそゆき(緊張気味)のお顔。

そう、ファインダー越しに感じました。でもね。それも当たり前だよね。

 

飼主さんが一緒とはいえ、
知らない人やわんこに囲まれて              
いつものテリトリーから外れたら?


人も同じだと思いませんか?

 

あと、撮ってて予想通り、残念だったことがあって。

 

5分単位で撮る、流れ作業のような撮影。
飼い主様の想い、その子が持つバックグラウンドを聞く時間なんて、当然ありません。
(それでも、当初の予定は1組15分のはずでした)

 

『この写真たち。きっと記録にしかならないだろうなぁ』と思うとね。なんか、切なかったデス。

 

いつも撮るわんフォトは、記憶写真。
飼主様と愛犬のワンちゃんの出会いや、その子への想いetc。
たくさんのことを   撮る前にお聞きします。


そうやって、私の中に、
飼い主さん&わんにゃんの想いを落とし込んで、撮る。

 

だから、写真に入り込むエネルギーは当然違うので、写真も違って当たり前。(と、私は思ってる)

 

うちの子になった日から、ずっと続いてきた、一緒の時間。

いつか虹の橋に行った、その後も。

愛犬愛猫と飼い主様の、それぞれの想いと記憶が、1枚の写真を見た瞬間に思い出して、幸せで温かな気持ちが溢れる。


タイムマシンみたいな、そういう記憶写真を撮りたいのです。

 

これはわんフォト。いつもお散歩するお気に入りの公園。離れて撮って、私の存在消してました。笑

ビスくんは人見知り。あこさんは写真が苦手。そんな風に、全然感じない大好きな1枚です。

 

わんにゃんフォトとイベント撮影。状況も、撮る目的も違うから、仕方ない事ではあるけど…

イベント撮影は、強いて言うなら記録の写真だから「臨港パークで撮ったね。(以上)」の1枚になる確率、高いと思う。

 

例えば、長期の周遊ツァーに行った時。
山のように撮るけど、少し時間が経つと「これ、どこだっけ?」になるみたいな感じかな。

 

この撮影で、改めて感じた事が3つありました

 

その1  

記録写真を撮ってる方が多い

これ、すごくもったいないなって思うんですよね。だから、スマホ講座でもいつも「記憶と記録の写真」についての お話してます。

 

という事で、ちょっと長くなってきたので、この3つについては、次回書きます。