うちの中でもお花とねこ(ペット)をふんわり撮れる?

 

わんこはお散歩できるし、遠出も出来るからお花をバックの写真も撮りやすい。
でも、にゃんこは無理っておもっていませんか?

この写真は、お外で撮りました。パンジーの前ボケ🌟

わんこはね。お外で撮れます。
でも、うちの愛猫はお外に出ないから無理!!という
飼い主様のあなたにお伝えしたいです。

お花とのにゃんショットは、撮れます!!

この写真⇓は、ひと足早い花束の中にあった今年の白い桜🌸
窓辺でカーテン越しに、一眼レフで撮りました。

この桜の切り花と一緒にパチリ。

 

こちらは、スマホ。
並べて見ちゃうと…ボケ感は、やっぱりイチガンレフがキレイですねぇ。(^^;)
ま、これはこれとして、舌ぺロリンが可愛い💕 ↼飼い主バカw

 

もう少しだけ、アプリで加工(^^)

 

わんにゃん写真のコツ
ペットの気持ちを最優先!無理強いしない!!コト

 

ここ大事ですよ。ついね。可愛い気持ちが先走って『撮りたいビーム』を発射しがち。
でも100%、間違いなく、逃げられる。(^^;)

猫は自由な生き物。指図されるの、キライ。w
だから、彼らの気持ちを最優先しましょ。人間の気持ちは二の次。
(ワンコ撮影も、無理強いはしないほうがいいです)

 

のんびり待っていたら、必ずその瞬間はやって来ます!

 

ただ、もちろんカメラの性能の違い、写真の得手不得手はありますよね。
「自分じゃ、なかなか撮れないかも…。」というあなたへのお勧めは?

もちろん、わんにゃんフォト。笑
今、スタートからもうすぐ1年の感謝を込めた撮影企画をご案内しています♪
ご興味のあるあなた。
是非、こちらを読んでみてくださいね!!(^^)